高橋眼科院     日帰り白内障手術・日帰り網膜硝子体手術

加齢黄斑変性に対するルセンティス・アイリーア硝子体内注射

 加齢黄斑変性は、高齢者の黄斑部に生じる疾患です。
 加齢黄斑変性の中でも特に急速に病気が進行する滲出型加齢黄斑変性に分類される中心窩下脈絡膜新生血管(CNV)を併発する型にルセンティス・アイリーア硝子体内注射は有効です。ルセンティス・アイリーアはCNVを発生・伸展させる血管内皮増殖因子(VEGF)を抑制することでCNVの活動性を抑え、加齢黄斑変性による視力障害に対し効果を発揮します。従来の加齢黄斑変性に対する様々な治療法は病気が悪化するのを止めるのが限界であったのに対し、ルセンティス・アイリーア硝子体内注射は視力改善効果が期待できる初めての画期的な治療薬剤です。治療は痛みもほとんどなく極めて短時間で終わりますので、通院による治療が可能です。

 

         

   加齢黄斑変性 視力(0.1)         ルセンティス注射後 視力(0.9)