高橋眼科院     日帰り白内障手術・日帰り網膜硝子体手術

設備案内

手術室

 

 

 

 

 

 

 

白内障手術装置

 

 

硝子体・白内障手術装置、眼内光凝固装置、キセノン眼内光源装置

 

 

マルチカラースキャンレーザー網膜光凝固装置

 最新のマルチカラースキャンレーザー光凝固装置を導入しています。

1)設定されたパターンで複数のスポット照射により手術時間が大幅に短縮できます。

2)ショートパルス・高出力の照射により疼痛が著しく軽減できます。

3)グリーン波長・イエロー波長・レッド波長を駆使しより多くの適応症例に照射可能です。

 

 

YAGレーザー後嚢切開装置

 

 

診察室

 

 

光干渉断層計(OCT)・眼底カメラ・蛍光眼底撮影装置

 

 

 

光干渉断層計(OCT)は、網膜の断層面を観察でき、従来はできなかった眼底の三次元解析を可能にした画期的な装置です。それにより各種の網膜硝子体疾患緑内障の変化を初期段階から見つけ、治療を始められます。         

    黄斑円孔 視力(0.6)            硝子体手術後 視力(1.2)

 

 

光学式眼軸長(IOLマスター)・角膜曲率半径測定装置

 光学式眼軸長測定装置は、白内障手術時に挿入する眼内レンズの度数を決定する際に最も重要な因子となる眼軸長を測定する装置です。従来用いられていた超音波式眼軸長測定装置と異なり、非接触で検査できるため、負担がなく、さらに正確な測定が可能なため、術後の見え方がより希望に沿った状態にできるようになりました。

 

 

ハンフリー自動視野計

 

 

ゴールドマン視野計

 

 

 

 

超音波画像診断装置

 

 

 

 

オートレフケラトメーター 角膜形状測定

 

 

 

超広角走査レーザー検眼鏡(OPTOS)

  200度の画角を持ち、網膜の80%以上の領域を高解像度で無散瞳、非接触で撮影できる最新の医療機器です。網膜周辺の病変を容易に検出します。超広角蛍光造影検査、眼底自発蛍光撮影にも威力を発揮します。