高橋眼科院

 白内障手術

白内障は、目の中のレンズの役割をする水晶体が濁って十分な光を通さなくなるため見えにくくなる病気です。原因の多くは加齢によるものでほかに外傷・糖尿病・アトピー性皮膚炎など病気の影響によるもの、若年性などがあります。
点眼などの薬物治療もありますが白内障の進行を遅らせることが目的で完治させることはできません。白内障による視力障害は、手術によって回復させることが可能です。 白内障が進行し、かすむ、ぼやける、二重になる、見えにくいなど日常生活に支障を来たすようになると手術を検討します。
白内障手術は濁った水晶体(白内障)を取り除き、新しい眼内レンズを交換する手術です。麻酔は局所麻酔で痛みもほぼありません。当院では安心して手術を受けていただくために最新の手術機器や顕微鏡の導入・手術室の空調管理・手術室専属の看護師を配備し万全な体制を取って安全な手術を心掛け、月曜日・火曜日・水曜日午後に日帰り白内障手術を行っています。必要に応じて提携病院に入院していただくことも可能ですので、ご希望の方はご相談下さい。

手術後の見え方
手術の時に水晶体の代わりの役割をする眼内レンズを挿入します。眼内レンズには単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズがあります。眼内レンズにはそれぞれ特性があるので皆様のライフスタイル・ご希望をお伺いし 慎重に適応を判断、外来にて詳しくご相談・ご説明致します。
単焦点眼内レンズ一般的な保険診療の対象となるレンズです。遠方・近方など焦点を合わせるのに得意な一定の距離があります。ピントが合いにくいところには眼鏡が必要です。
多焦点眼内レンズできるだけ眼鏡をかけずに過ごしたい方の為に開発された眼内レンズで比較的遠くから近くまで焦点が合いますので眼鏡に頼る頻度が少なくなることが期待できます(若い頃の見え方と全く同じではありません)。 選定療養となり眼内レンズの差額分の自己負担が必要です。

手術後・定期検診の必要性
術後の順調な経過を確認するために定期的な検診は重要です。経過に応じて点眼薬を調整し、必要な方には眼鏡を処方します。非常に稀ですが術後に強い炎症を起こす眼内炎などの感染は重篤で定期検診を行うことでより早い段階での診断・治療につながります。長期にわたっても後発白内障(レーザー加療で数分で治療可能)や眼内レンズの偏位などを認めることもあります。定期検診は勿論のこと、何か変化を感じられたときはすぐに受診してください。