高橋眼科院

眼瞼痙攣および片側顔面麻痺に対するボトックス注射

ボトックス注射はボツリヌス菌が作り出す蛋白質を主成分とした薬剤を皮下に注射する治療法で、眼瞼痙攣や片側顔面麻痺の痙攣している筋肉の緊張を和らげます。 個人差はありますが効果は約3~4か月間持続し痙攣による不快感などの自覚症状を軽減することができます。 処置は数分程度で終了し当日、日常生活に支障はありません。目の周りの不快な痙攣にお悩みの方は一度ご相談ください。
なお、当院では美容目的のボトックス注射は行っておりません。