高橋眼科院     日帰り白内障手術・日帰り網膜硝子体手術

高橋眼科院について

院長あいさつ

 高橋眼科院は4代続く日本で有数の伝統ある眼科の名門です。

 神戸大学眼科助教授・ミュンヘン大学眼科客員教授を経て、昭和60年高橋眼科院を継承致しました。

 平成9年より日帰り白内障手術を始め、現在までに10,000件を遥かに超えています。

 平成22年から日帰り網膜硝子体手術を開始しています。長谷川琢也医師が担当しており、手術経験が豊富です。

 長谷川美恵子医師は眼科全般・白内障・緑内障・殊に角膜疾患に精通しています。

 週刊朝日に4回いい病院として紹介されています。

 医の原点に立脚し、最新の医療機器を駆使し 心のこもった最高の医療をお届けします。

 

                                  院長 高橋俊博