高橋眼科院

 白内障手術

白内障は、水晶体という目の中のレンズが濁る病気です。原因の多くは加齢によるものですが、ほかにぶどう膜炎など眼疾患、糖尿病やアトピー性皮膚炎など病気の影響を伴うもの、外傷によるもの、先天性の白内障などがあります。
治療には点眼などの薬物治療もありますが白内障の進行を遅らせることが目的であり完治させることはできません。白内障による視力障害は、手術によって回復させることが可能です。 白内障が進行し、かすむ、ぼやける、二重になる、見えにくいなど日常生活に支障を来たすようになると手術の適応となります。
白内障手術では視力障害の原因となっている濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入します。眼内レンズには、保険適応の単焦点眼内レンズ選定療養の多焦点レンズがあります。どのような眼内レンズを選ぶのが望ましいか皆様のライフスタイル・ご希望をお伺いし慎重に適応を判断致します。(詳しくは受診時にご相談ください。)白内障手術は局所麻酔で行い、約10~15分程度で終わります。痛みもほぼありませんので安心して手術に臨んでください。 当院では平成9年に日帰り白内障手術を開始しました。最新の検査機器・手術機器・顕微鏡を導入し、正確で安全な手術を第一に心掛け、月曜日・火曜日・水曜日午後に日帰り白内障手術を行っています。必要に応じて提携病院に入院していただくことも可能ですので、ご希望の方はご相談下さい。
 網膜硝子体手術

眼球の中には硝子体という透明なゼリー状の組織があります。この組織が網膜を引っ張ったり、炎症を持続させたり、組織内に濁りや出血が溜まったりして網膜へ光が届きにくくなることがあります。これらが原因で起こる網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性を含む黄斑変性、硝子体出血、ブドウ膜炎などの網膜硝子体疾患を走査型超広角眼底撮影装置OPTOS眼底三次元画像解析装置OCTを駆使して精密に診断し検査結果を踏まえて手術適応・時期を総合的に判断します。 網膜硝子体手術は、硝子体を切除し網膜剥離を治したり出血や病気によって生じた増殖膜、新生血管膜を除去し病気を安定化させたりし、視力、視機能を維持、回復させます。病気によっては、術後一時期眼内に空気やガスを入れる場合もあります。ガスは時間の経過とともに自然に眼内から抜けていきます。ガスを注入する場合はガスの浮力を利用するため術後しばらくうつむきの姿勢をとる必要があります。 網膜硝子体疾患は難治性の疾患も多く放置すれば失明あるいは視力低下する病気ですが、手術を受けていただくことで、多くの症例で改善・進行防止をすることが可能です。 当院は最先端の27ゲージ低侵襲硝子体手術システムを取り入れ、痛みの少ない麻酔方法を採用し、負担の軽い硝子体手術を行っております。そのため日帰り手術が可能です。 入院が必要な場合は、提携病院に入院していただきます。 代表的な適応疾患: 硝子体出血 黄斑円孔・ 黄斑前膜・ 裂孔原性網膜剥離・ 糖尿病網膜症・ 網膜静脈閉塞症・ 黄斑浮腫・ 黄斑変性
 その他手術に対応している疾患

翼状片手術・眼瞼手術(眼瞼腫瘍・眼瞼下垂・眼瞼内反症・睫毛乱生症)・結膜弛緩症手術・霰粒腫摘出術など
 レーザー手術

最新のマルチカラースキャンレーザ光凝固装置を導入し、網膜硝子体疾患である糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症並びに網膜裂孔に対し痛みの少ない画期的なレーザー手術を行っています。
その他緑内障に対するレーザー手術並びに後発白内障に対するYAGレーザー後嚢切開術を行っています。