高橋眼科院     日帰り白内障手術・日帰り網膜硝子体手術

緑内障の診断 治療

  40歳以上では20人に1人が緑内障を発症します。緑内障の診断には、視神経を含め網膜の詳細な検査・眼圧検査・視野検査が必要です。

  光干渉断層計(OCT)は、網膜の断層面を観察でき、従来はできなかった眼底の三次元解析を可能にした画期的な装置です。当院で導入しているOCTは神経線維・神経節細胞の欠損を明確に解析できます。

 また、超広角走査レーザー検眼鏡OPTOSのレッドフリー撮影により神経線維層欠損を検出します。視野検査では世界の緑内障学会でハンフリー自動視野計が使用されています。当院では、この視野計を日本で最初に導入しました。

 これらの最新医療機器を駆使することにより緑内障の早期診断が可能となり、適切な治療を行い多大な成果を上げております。